Movidius NCSをセットアップする

Movidius NCS
Movidius Neural Compute Stick

intelに買収されたMovidius社から、USB接続型の機械学習(ディープラーニング)用アクセラレータ、Movidius Neural Compute Stick (以下、Movidius NCS)が発売されました。RSコンポーネンツMouserから入手できますが、現時点では在庫切れのようです。初期の入荷数が少なかったようですが無事に入手できましたので、環境をセットアップしてみました。

推奨環境はネイティブなUbuntu 16.04 amd64ですが、そんなに都合よく環境は用意できませんので、WIndows 7上のVMWare 12にUbuntuをインストールしました。

※注) 以下の方法はVMWare上のUbuntuでMovidius NCSが安定して動作することを保証するものではありませんのでご注意下さい。

Ubuntuのインストールが完了したらログインし、Movidius NCS SDKをセットアップします。手順はGetting Startedに書かれている通りに進めれば何の問題もありません。マシンパワーやネットワークの速度によっては、pythonモジュールのインストールやcaffeモデルのDL等に時間が掛かることがあります。

引っ掛かる可能性のあるポイントは、SDKのToolkitインストール後に環境変数を反映させるためにログアウト(あるいはターミナル等の立ち上げ直し)が必要なことです。これをせずにAPIをセットアップしようとすると失敗します。

SDK (ToolkitとAPI)のセットアップが完了したら、PCにMovidius NCSをUSBポートに差し込んでみましょう。認識されたかどうか確認してみます。

$ sudo dmesg | grep MA2
[...] usb 3-2: Product: Movidius MA2X5X

こんな感じの文字列が出力されれば認識されてるのでOK、と言いたいところなのですが、udevを使ってデバイスファイルのパーミッションを設定したりしているようなので、Ubuntuを一度再起動した方が確実かも知れません。

認識されない場合、VMWareのリムーバブルデバイスの設定でMovidius NCSが仮想マシンに接続されているか確認して下さい。接続されていない場合は接続して上記の手順で再度確認してみて下さい。

Movidius NCSが認識されていることを確認できたら、動作確認してみましょう。Getting Startedにもあるように、

$ cd ~/workspace/mvncsdk/bin
$ make example00
$ make example01
$ make example02
$ make example03

のexample00から03までを動かしてみて下さい。うまくいけばMovidiusを動作させることができます。私のVMWare環境では動作したりしなかったりで、記事執筆時点では安定して動作させることができていません。

追記: ネイティブなDebian testing (buster) amd64はサポート外ですが安定して動作することを確認しました。VMWareやVirtualBox上で動作させるのは必要以上に労力が必要となりますので、ネイティブ環境を用意されることをお奨めします。