ARM上のROS Indigoというかffmpegでドハマりした話

機械学習(CNN)をエッジとクラウドで分散させる処理の検証を行なう際、エッジ側のマシンをリソースが貧弱なもので評価するため、Raspberry Pi 2/3/ZeroにROS Indigoをインストールして動作させることを試みました。

Raspberry Pi自体にUbuntu 14.04をインストールする作業それ自体が一つの記事になるボリュームでしたが、それは本題ではないのでここでは割愛。ROS Indigoもインストールが完了して検証アプリを動かしたところ、カメラからの画像は表示されず、一方でターミナルには

[swscaler @ 0xXXXXXXXX] No accelerated colorspace conversion found from yuv422p to bgr24

という行がひたすら出力され続けています。検証アプリはROS Indigoのusb_camモジュールが利用されていたので、/dev/video0が存在することを再確認した上で

$ roslaunch usb_cam usb_cam-test.launch

でusb_camモジュールの動作を見てみましたが、こちらは特に問題なくウィンドウにウェブカムからの動画が表示されます。上述のメッセージでググってみても原因はイマイチ判然としません。

“ARM上のROS Indigoというかffmpegでドハマりした話” の続きを読む