無事終了!

第1回わっぜかブートキャンプ 集合写真

第1回わっぜかブートキャンプが無事終了しました。鹿児島県の9つの市町から15人の中学1年生が県立霧島自然ふれあいセンターに集まり、27日(火)から29日(木)までの2泊3日をプログラミング漬けで過ごしました。

教材として、ハードウェアにはRaspberry Pi 3を組み込んだSTEAM教育用のノートPCであるpi-topを用い、ソフトウェアにはブラウザ上で動作するscratch 2.0を利用しました。

第1回わっぜかブートキャンプ PC組み立て初日は入所後にpi-topを組み立てました。自分の手でPCを組み立てるという、他ではなかなかできない経験ができたのではないでしょうか。

組み立て後はまずpi-topに慣れてもらうため、自由にpi-topを触ってもらい、然る後にscratchの学習へと入りました。

入浴、夕食の後もプログラミングに取り組みます。自分だけのPCで自分のペースで自由に学習できる、という点が意欲を掻き立てたのではないでしょうか。

第1回わっぜかブートキャンプ 学習中2日目が学習のメインです。引き続きscratchのチュートリアルを中心に、自分のペースで学習を進めます。

途中、鹿児島大学大学院の准教授や、別途行われていた防災無線デモへお越しの自治体の情報担当部署の方が視察にいらっしゃいました。

ほぼ全員がプログラミング未経験者でしたが、YouTubeやMinecraftのような誘惑にも負けず、それぞれが真剣に学習に取り組んだ結果、2日目の晩にはオリジナルのゲームやアプリを発表できるところまで到達することができました。

これらのゲームやアプリは、それぞれの個性が光るオリジナル要素が盛り込まれた素晴らしい出来でした。この達成感を胸に、これからのプログラミング学習にも積極的に取り組んでもらいたいですね。

最終日にはscratch.mit.eduでアカウントを作成し、学習の成果を世界中のscratchユーザと共有できました。プログラミングを通じて世界と繋がることを実感できた瞬間だったのではないかと思います。

※参加者の写真を使うことについて、保護者の方から許可を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です