pi-top v2評価中 GUI編

pi-topを起動するとスプラッシュイメージが表示された後に、ランチャー (pi-topDASHBOARD)が表示されます。最初はウィザードに従って設定していくことになるのですが、どうもpi-topのツール類が英語とスペイン語にしか対応していないようで、ウィザードでは日本語を設定することができず、ひたすら英語です。

英語に苦手意識のない高校生なら問題なく使いこなせそうですが、このままでは小学生どころか中学生が使うのも難しいかも知れません。

ランチャーは大きく3つのペインに分かれています;

  • 左: pi-topCODERとCEEDuniverse
  • 中: アプリのランチャー (デスクトップ、Chromium等)
  • 右: 備忘メモ

ここでランチャーのデスクトップボタンを押すとLXDEに切り替わります。こちらの画面でRaspberry Piの設定ツールを起動して、言語やタイムゾーン、WiFiの国コードを設定しておきましょう。LXDEのメニューを日本語化できますが、pi-topDASHBOARDの方は英語のままです。

pi-topCODERはプログラミングのチュートリアルアプリです。言語や難易度などを指定してワークシートを検索し、そのワークシートに従ってプログラミングを学習できる、というツールです。ここでinventor’s kitの使い方も学べるようです。

CEEDuniverseはプログラミングの概念を理解できるミニゲームです。バタ臭いキャラクタデザインなので日本人受けしにくいかも知れません。

LXDEのメニューからはScratchのオフラインエディタやMathematicaといったRaspberry Pi定番のプログラミング環境の他、JavaやPythonのIDEを使うこともできます。

pi-topDASHBOARDの設定画面からアクセスできるpi-topCLASSROOMを使ってみたいのですが、使い方が不明です。pi-topのサポートに問い合わせを投げていますが、今のところはまだ回答がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です