Jetson TX2が来た

Jetson TX2 in Box
Jetson TX2 in Box

米国での発売と同時に手配したJetson TX2 Developer Kitが届きました。が、技適未取得のようで、開封はしたものの電源はまだ入れていません。動きがありましたら追ってお伝えします。

まだ詳しくは見ていませんが、開発ボードはTX1と共通で、モジュールのみがTX1からTX2に差し替えられただけのように見えます。ケーブルや電源等の付属品もTX1とまったく同じっぽいです。

JetPack 3.0導入済みのようですので、TX1のように更新作業は必要ありません。eMMCの容量が16GBから32GBに倍増したようですが、容量やら寿命やらでやきもきするのは嫌なので、SSDからの起動も検討しています。

“Jetson TX2が来た” への4件の返信

  1. はじめまして。
    TX2をSSD起動したくTX1をSSDに起動する記事を参考にしましたができませんでした。
    ext4にフォーマットしてeMMCのルートファイルシステムもコピー済み。空ディレクトリも作成済み、extlinux.confも適切に書き換えています。
    ですが、起動時に/dev/sda1を探す箇所で見つからず起動できないというものです。
    記事に記載されている項目以外になにか特別にする必要があるのでしょうか。
    よろしくお願いします。

  2. shujiさん、コメントありがとうございます。

    半年前の作業なので正直記憶が定かではありませんが、extlinux.confの編集で、rootデバイスの指定があります。当該記事だと分かりにくいのですが、ボックスは右の方へスクロールさせることができます。こちらは指定されておりますでしょうか?

    もしこちらのrootデバイスも指定済みで起動できないのだとすると、TX2になって起動の仕組みが変わったのかも知れません。実はまだTX2のSSD化は実施できていないので、後日確認できればと思います。

    1. kamagasako様

      ご丁寧にご返信ありがとうございます。
      はい、extlinux.confのrootデバイスには、/dev/sda1を設定しています。
      数回USBメモリ、他のUSBボックスにいれたSSDなど試しましたが同じくできませんでした。
      その後、SSDをそのままSATAに挿して/dev/sda1で指定したところルートファイルシステムをSSDにして起動することに成功しました。
      未だにUSB接続では外部ストレージ起動できませんが、SATA直接接続だと先日の記事の通りの作業で成功しましたのでご報告いたします。
      USB接続では、ブート時/dev/sda1の認識ができない仕組みになってしまっているのかなぁと思っているところです。

      ちなみに私も鹿児島県出身の他県在住人です。
      今後ともブログ参考にさせていただきます!

  3. shujiさん

    貴重なご報告、誠にありがとうございます。後日、私の方でも再現性を確認しまして、記事としてアップできればと思います。

    同郷の方からのコメント、大変嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です