JenkinsとRocket.Chatを連携させる

Notofication from Jenkins
Jenkinsからの通知

前回の記事で連携のための準備はできていますので、さっそく連携させてみましょう。

Jenkinsで「新規ジョブ作成」からジョブを作成します。ここでは「フリースタイル・プロジェクトのビルド」を選択し、タスク名を “jenkins-rocketchat” としておきましょう。

Jenkins Job Setting of Rocket.Chat
Jenkinsジョブ設定 (Rocket.Chat)

連携の動作確認のためのジョブなので、実際のビルド等は実行させません。ジョブの設定画面最下部の「ビルド後の処理の追加」プルダウンから “RocketChat Notifications” を選択すると、通知できる項目が表示されます。今回はテストなのですべてにチェックを入れておきます。右側にある「高度な設定…」から投稿先のチャンネルを変更できたりしますが、今回は触らないで設定を保存します。

作成したジョブ (プロジェクト)のページが開きますので、「ビルド実行」を選択します。するとジョブが実行され、ビルド履歴が増えます。Rocket.Chatの “jenkins” チャンネルを開くと、Jenkinsのビルド開始と終了の通知メッセージが届いていることを確認できます。

“JenkinsとRocket.Chatを連携させる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です