JenkinsとRocket.Chatを連携させる準備をする

さて、ここまででGitBucket, Jenkins, Rocket.Chatの各サービスをインストール・設定してきました。個々のサービスを個別に使うだけでなく、連携させることでより便利なCIを実現できます。

今回はJenkinsとRocket.Chatを連携させて、Jenkinsで発生したイベントをRocket.Chatのチャンネルに自動的に通知するようにしてみます。

まずはRocket.ChatにJenkins用のアカウントを追加します。アカウントを作成したら、Jenkinsからの通知を受け取るチャンネルを作成します。このチャンネルに普段使っているアカウントと、今作成したJenkins用のアカウントを登録します。ここでは “jenkins” アカウントと “jenkins” チャンネルを作成したことにします。

次はJenkinsの設定です。「Jenkinsの管理」画面から「プラグンの管理」を選択し、「利用可能」タグから “RocketChat Notifier” にチェックを入れて「ダウンロードして再起動後にインストール」を選択します。ダウンロードが成功したら「インストール完了後、ジョブがなければJenkinsを再起動する」にチェックを入れるとJenkinsが再起動し、RocketChat Notifierプラグインがインストールされます。

インストールに成功したら再度「Jenkinsの設定」に戻り、「システムの設定」を開きます。ページ末尾に “Global RocketChat Notifier Settings” がありますので各フィールドを埋めて保存します。

Jenkins Setting of RocketChat
JenkinsのRocket.Chat設定
  • Rocket Server URL: docker-compose.ymlの設定に合わせて http://rocket.chat:3000
  • Login Username: この記事の冒頭で設定したアカウント “jenkins”
  • Login password: アカウント “jenkins” に設定したパスワード
  • Channel: この記事の冒頭で設定したチャンネル “jenkins”
  • Build Server URL: 空欄のままでOK

右下にある “Test Connection” で “Success” と表示されれば疎通OKですので、設定を保存しておきましょう。これで連携のための準備は完了です。

“JenkinsとRocket.Chatを連携させる準備をする” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です