JenkinsとRocket.ChatもDockerで動かす

GitBucketをDockerで動かせましたので、続いてJenkinsRocket.ChatもDockerで動かしましょう。いずれも公式のDockerイメージが公開されていますので、それを利用させて頂きましょう。

ここでは、GitBucketは8080番、Jenkinsは8081番、Rocket.Chatは8082番の各ポートで動作するよう設定します。設定ファイル docker-compose.yml はこんな感じになります。

version: '2'

services:
  gitbucket:
    image: takezoe/gitbucket
    container_name: gitbucket
    volumes:
      - ./gitbucket/data:/gitbucket
    environment:
      - TZ=JST-9
    ports:
      - 8080:8080
      - 29418:29418

  jenkins:
    image: jenkins:alpine
    container_name: jenkins
    volumes:
      - ./jenkins/home:/var/jenkins_home
      - ./jenkins/executors.groovy:/usr/share/jenkins/ref/init.groovy.d/executors.groovy
    environment:
      - JAVA_OPTS=-Duser.timezone=Asia/Tokyo
    ports:
      - 8081:8080
      - 50000:50000

  db:
    image: mongo:3.0
    container_name: db
    volumes:
      - ./db/data:/data/db
    command: --smallfiles

  rocket.chat:
    image: rocket.chat:latest
    container_name: rocket.chat
    environment:
      - ROOT_URL=http://localhost:8082
    links:
      - db
    ports:
      - 8082:3000

Rocket.ChatはMongoDBに依存していますので、mongodbの設定もあります。command行で --smallfiles の指定がないと./db/data以下に巨大なファイルが作成されますのでご注意を。また、ROOT_URLの値は環境に合わせて適宜変更して下さい。

設定ファイルを編集・保存し終えたら docker-compose up で各サービスが起動します。ブラウザから各サービスにアクセスしてみましょう。

2016/02/21追記: environmentによるタイムゾーンの設定を追加しました。

“JenkinsとRocket.ChatもDockerで動かす” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です