Docker Composeをインストールする

引き続き環境設定です。

Dockerをインストールしたことでサービスをコンテナ上のプロセスとして起動できるようになりましたが、先の記事にも書いたようにマイクロサービスアーキテクチャ的なアプローチでは複数のプロセス(サービス)を立ち上げる必要があります。しかし素のdockerコマンドは複数のコンテナを立ち上げるには少々不便です。そこで複数のコンテナを一つの設定ファイルで管理すべくDocker Composeを導入します。

Debian Stretch (testing)にはdocker-composeパッケージが提供されていますが、バージョンが少々古め(記事執筆時点で1.8.0)です。なるべく新しめのバージョンを利用したいので、ここではgithubからバイナリを取得、インストールしてみたいと思います。これまたインストール方法の詳細はDocker Composeのサイトに記述のある通りですが、インストール先をホームディレクトリの下の ~/bin に変えてみます。

$ mkdir ~/bin
$ curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.10.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o ~/bin/docker-compose
$ chmod +x ~/bin/docker-compose
$ vi ~/.bash_profile
...
export PATH=$PATH:~/bin
...
$ . ~/.bash_profile

既に~/binにPATHが通っている場合は適宜読み飛ばして下さい。また、システム全体でdocker-composeコマンドを使えるようにしたい場合はサイトに記載されている通り、/usr/local/binにインストールするのが無難かも知れません。

なお、多少バージョンが古くてもよい場合は sudo apt-get install docker-compose でもOKです。Docker Composeのサイトには pip install する方法も記載されていますが、個人的にはpipはvirtualenv環境下でしか使いたくないのでスルーしています。

“Docker Composeをインストールする” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です